ホリスティックな漢方工房の日記

からだの不調(症状)はこころ(感情)の声 

からだに必要大切なマグネシウム

 

 

マグネシウムとは?

 

人の体を構成する元素のひとつであるミネラルのうちの一つです。

もっとも多いミネラルはカルシウムです。そしてそのカルシウムとセットで働くといってもよいくらいマグネシウムは大切なミネラルです。

 

 

 

マグネシウムの働きとは

 

マグネシウムは、必須主要ミネラルの一つです。骨や歯を構成する重要ミネラルのほか、神経の興奮伝達や筋肉の収縮、弛緩を手伝ったり、血圧を調整したり、体内で働く600種類以上の酵素を活性化させたりするなど全身の健康に不可欠なミネラルです。



 

マグネシウムが不足すると、思考低下が起きたり、筋肉が攣ったり、骨の形成に影響が出たり、不整脈や虚血性心疾患、高血圧、神経過敏や、抑うつなどが起こることもあります。

 

 

 

慢性的なマグシウムの不足には、マグネシウムの摂取量の減少と、マグネシウムの多量の消費が考えられます。食事の面からは穀物の皮にマグネシウムは豊富なのですが、雑穀ご飯の消費量は減っていますし、まぐ延氏有無はストレスがかかった際に、尿中へ排泄されます。また、お酒の飲みすぎ、運動のやりすぎでも多量に消費されます。

 

 

さらに、マグネシウムとカルシウムはセットなので、カルシウムを過剰に摂るとマグネシウムも排泄されてしまいます。

 

 

マグネシウムの多く入っている食品を摂るのもよいでしょう。天然塩、にがりや、

そば、海苔、ヒジキ、わかめ、昆布、牡蠣などの海の幸、椎茸、イチジク、納豆、クルミ、ゴマ、五穀、ナッツ類,ココアにも多く含まれています。

 

 

 


天然塩にはマグネシウムの含有量が多いとされています。

日々のミネラル摂取に活用してみてくださいね。

 

 

[rakuten:skonlineshop:10000745:detail]

rakuten:okinawa-chulaharberlu:10000569:detail

 

 

お食事からもよいのですが、マグネシウムはお風呂にいれてもOKです。

マグネシウムは、経口より経皮吸収のほうがよいとされています。

 

 

ぜひ、お肌トラブルのおもちのかたや、基本的にマグネシウム不足の方、エプソムソルトや塩化マグネシウムをお風呂にいれてみてくださいね。

 

 

 

[rakuten:harmony:10040994:detai

 

 

kanpoubiyori.stores.jp