ホリスティックな漢方工房の日記

からだの不調(症状)はこころ(感情)の声 

カンジダのおはなし②  カンジダのトリートメントと栄養療法

こんにちは。

前回はカンジダ症の原因や症状について書かせてもらいました。

holistickkoubou.hatenablog.com

 

 

今回は、そのカンジダのトリートメント方法や栄養療法について書いていきますので

ご参考までにされてください。

 

今回のポイントは、

 

①炭水化物やカンジダの好むものを避ける

②ビタミン、ミネラルの摂取

③抗カンジダハーブ

カンジダのダイオフの症状に備えて肝機能も元気に

です。

 

 

 

カンジダの好むものを避けたり、炭水化物に注意

 

まずは、カンジダ菌が好む食材を避けることが大切です。

カンジダ菌が好むものは、

洋菓子、菓子パン、ヨーグルト、イースト菌を含むものです。

たっぷりお砂糖や油が入っているお菓子などは、避けましょう。

 

そしてこの時、発酵食品や乳酸菌なども積極的には摂らないほうが良いでしょう。

甘味たっぷりのお酒なども注意です。甘酒、甘い飲み物なども注意が必要です。

 

小麦製品よりも、お米を食べたほうが良いようです。

出来る限りでやってみましょう。

 

 

 

 

 

 

②ビタミン、ミネラルの摂取

特に不足しやすいミネラルが亜鉛マグネシウム、ビタミンがビタミンB6と言われています。

 

ただし、ミネラルは単独でとってもチームで働きやすいので、マルチミネラルが入っているものがお勧めです。

 

holistickkoubou.hatenablog.com

こちらの記事もご参考ください。

 

亜鉛やセレン、ビタミンB6などは細胞分裂に大変必要な栄養素です。

粘膜の修復などを促すには、ビタミン、ミネラルが必須になります。

 

更には、消化酵素などもあるとより、早く回復もなされるようです。

 

 

 

 

 

 

 

③抗カンジダハーブや食材

 

いくつか挙げてみますが、人によって合うもの合わないものはありますので、

そこは試していただく必要があると思います。

 

  • マリアアザミ
  • オレガノオイル
  • オリーブの葉
  • タヒボ(パウダルコ)
  • ニンニク
  • リンゴ酢
  • ココナツオイル
  • ベルベリン

 

等です。

 

抗菌作用をもっているものや、カンジダ菌の増殖を抑えることもできるハーブもあるといいことです。

 

ココナツオイルは比較的に手に入りやすく、そのうちの成分でカプリン酸が抗菌作用を持っているという事です。

 

 

ベルベリンも漢方薬にも配合されている成分です。

マリアアザミは、肝機能のサポートにも良いのでカンジダトリートメントにはよいようです。

 

 

 

 

 

カンジダ菌のダイオフの症状に肝機能も元気に

カンジダ菌が死ぬときに、今まで抱えていた重金属や有害物質を放出してしまい、頭痛、倦怠感、悪心などの症状が出ることがあります。

 

その毒素を処理したり、カンジダ菌の死骸を処理したりするのに、肝臓に負担がかかります。

 

 

肝臓に負担がかかれば、倦怠感、やる気なさ、食欲不振、皮膚や粘膜しに炎症が起きて、かゆみなどの症状が出たりします。

 

 

そのために、肝臓のケア、肝臓の元気をつけてあげることが大切になります。

 

 

肝臓では代謝が盛んにおこなわれています。

それには、ビタミン、ミネラルアミノ酸、糖などが必要になってまいります。

 

 

栄養素もしっかり摂ることが、肝臓を守ることになります。

 

 

 

ざっとですが、ここまでカンジダについて書いてみました♪

以前はわたしはカンジダに悩まされていました。

当時の生活習慣や食習慣で、カンジダ菌が増えるようなものばかり取っていたり、

生活も不摂生してしまったり・・・

という事もありました。

 

 

 

カンジダ菌の増殖の予防では、

毎日排便を心がけたり、

和食中心のごはん、

疲れやストレスをため込まない、

早く寝る、

飲みの席のお酒やチーズなどのおつまみにも注意、

 

などでしょうか。

 

カンジダ症に一度でもなった人は気を付けたいですね。

代謝が低くて、甘いものが好き、ストレスが多い・・・人にカンジダ症が発症しやすい傾向かなと思います。

 

 

 

代謝が高く、消化能力も高い方、運動もする方はあまりならないのではないのかな^^と思います。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

どうぞ。。ご参考までにされてください。👣

 

ミネラル不足はからだの不調に繋がる

 

 

ストレス、慢性疲労、貧血、うつ症状、高血圧、糖尿病、片頭痛、月経不順、肌トラブル、便秘・・・などののお悩みの背景にミネラル不足が関係しています。

ミネラルが不足すると身体の機能は正常な働きができなくなり、不調や病気を引き起こす原因になります。

 

 

 

ミネラルってなに?

  1. 5大栄養素のうちの一つ!

  2. バランスが大切な栄養素

  3. いま最も不足している栄養素

  4. 体内で作られない栄養素

  5. からだを構成している元素

 

 

人は食べたもので作られます。

そして、糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素がからだに十分にあって、私たちの体は元気に動くことができます。

 

 

タンパク質は、からだの構成成分や酵素、ホルモン、神経伝達物質を作ります。

 

脂質は、からだの細胞の構成成分であり、脳の構成成分でもあり、エネルギー源でもあります。

 

そして、糖質は、私たちのあらゆる生命活を担うエネルギー源であり、脳の唯一のエネルギー源でもあります。

 

ビタミン、ミネラルは、身体の代謝を円滑にまわしたり、酵素の働きを助ける補助薬、調整役としてとても重要な働きがあります。

 

 

 

ミネラルが不足すると、からだが円滑にスムーズに動けなくなります。

心や精神が不安定になったり、皮膚トラブルが出たり、頭痛、生理に影響がでる、

からだの機能にも・・・消化管、筋肉など・・あらゆるところに影響が出やすくなります。

 

 

 

 

ミネラルとは五大栄養素の一つです

ミネラルのはたらき

  • ビタミンを働かせる
  • 筋肉繊維をやわらかくする
  • 体内のPHのバランスを調整する
  • 神経を正常に働かせる
  • 毒素の排出、分解をする
  • 酵素を働かせる
  • 骨格、血液をつくる
  • 活性酸素を除去する
  • からだの代謝のエネルギーに使われる
  • エネルギーの蓄積を助ける
  • 免疫機能を活性化させる

ミネラルは多様にからだに作用していることがわかります。

 

 

 

ミネラルがなければからだ機能しない

ミネラルは電気の流れを円滑にする

 

私たちを構成している37兆個の細胞の中で、わたしたちの生命体を維持するために必要な、ATPというエネルギーが作られています。

 

このエネルギーを化学反応で(燃焼=酸化)で生産するのが酵素です。

口から取り入れた栄養素を酸化し、ATP(アデノシン三リン酸)という分子の化学エネルギーとして蓄えます。さらにATPが酵素によって分解されるときに発生するエネルギーが細胞のエネルギーとして利用されます。

 

 

エネルギー生産工場であるミトコンドリアについてはこちらにも書いています↓

holistickkoubou.hatenablog.com

 

この酵素は消化酵素代謝酵素などを含め約300類もの酵素が生命活動に関与しています。

この酵素の働きを助けているのが、ビタミン、ミネラルなのです。

 

 

ビタミンやミネラルは、タンパク質を合成したり脂質の代謝に関与したりします。

また、貧血予防に必要なヘモグロビンを作るために、タンパク質と鉄、銅、ビタミンC、B6、B12 ,などと一緒に働きます。

ミネラルはビタミンとともに助け合って、筋肉や神経の働きの調整や、

体液量や電解質バランスの調整、酵素補酵素の材料として、体の代謝にも重要な働きをしています。

 

 

また、からだは電気信号で指令を受けて機能しています。

身体には電気が通っています。その電気信号を伝えやすく、電気を流れやすくする為にもミネラルは重要になっています

 

 

ミネラルが不足すると、電気信号が滞り指令がスムーズに行われず、体の代謝が落ちたり、支障をきたしたりしていきます。

その結果、生活習慣病や慢性的なお悩みへと発展していきます。

 

 

 

 

 

身体の各部位に必要なミネラル

 

ミネラル不足で生活習慣病や症状、病態が起きてしまうと書きましたが、実際に体のどの部位とどのミネラルが関係が深いかまとめてみました。

 

 

f:id:Holistickkoubou:20230311152234j:image

 

f:id:Holistickkoubou:20230814134956p:image

 

 

 

 

ミネラルはチームワークで働く

 

できればミネラルは単独で摂るよりもバランスの取れたミネラル摂取がおすすめです。

なぜなら、ミネラルは相互バランスで働くためです。

ミネラルは過剰に摂りすぎても、不足しても体の機能は正常に働かないのです。

 

ミネラルはお互いに効果を高める相乗作用と、お互いに効果を打ち消しあう拮抗作用も持ってるので、バランスよく多種類のミネラルを摂ることが大切です。

 

 

例えば…

 

 

 

 

現代においてミネラル摂取がとても大切なわけ

 

ミネラルは体内で作ることができません。

生命維持に欠かせないミネラルですが、人間や動物の体内で作ることができません。

 

大地のミネラルも野菜のミネラルも減少傾向

私たちは、土や岩を食べることができないため、食事によって野菜や果物、水、それを食べた牛や豚などからミネラルを摂っています。

近年では、世界中で大地のミネラルが減少しています。

 

日本の土壌にはもともと、ミネラルが少ないと言われています。そのうえ、化学肥料や農薬の使用によって、土壌のミネラルバランスも崩れてしまっています。

 

 

土壌にミネラルがなければ、そこで育つ野菜、果物にもミネラルが少なくなりますね。

また、ストレスや食品添加物、農薬、ホルモン剤などによって私たちのからだのミネラルは常に浪費、使われています。

 

そのため、食事から補うミネラルでは不足傾向になる方も多くおられます。

不調を感じる方、ストレスをよく感じる方はミネラルを意識して補うことも視野にいれてみてほしいです。

 

 

 

おすすめなミネラルサポート

 

ワタナベオイスター

https://find.oyster.co.jp/product#product01

https://product.oyster.co.jp/dhmba/index.html

 

 

つきみちる

tsukimichiru.shopselect.net

 

 

ミネラルオリジナル

www.doterra.com

 

アースウォーター

kimama-club.shop-pro.jp

 

エプソムソルト

 

 

 

 

 

 

 

 

カンジダのおはなし① 原因と症状、なりやすい人

こんにちは。

今回はカンジダについてのお話です。

というのも昔は私自身がカンジダ

たびたびなっていました。

 

 

今思えば、カンジダが増殖に好むものをよく食べたり飲んだりしていたし、生活リズムも不規則でした。ストレスも大きく抱えておりました。代謝も落ちていました。

 

カンジダの原因やカンジダの治療など

についてかいてみます。

 

 

 

 

カンジダってなんでしょう?

 

カンジダ皮膚や、腔内、

消化管内、女性の膣などに

少数ながら存在している常在菌です。

 

 

 

からだの抵抗力が低下したりすると

菌のバランスが崩れ、カンジダ菌が異常増殖してカンジダの症状を発症してしまいます。

 

 

カビ(真菌)であり、イースト菌酵母の一種です。(食べ物を発酵させることで、二酸化炭素などのガスを大量に発行させて膨満感の原因となる)

 

 

 

 

 

カンジダが増殖すると、腸粘膜を荒らしてしまい、リーキーガット症候群へ発展することもあります。

 

 

 

 

 

カンジダが増殖すると毒素を産生します

 

カンジダが増殖すると、数十種類の毒素を生産します。

その毒素にアセトアルデヒドと言われる、発ガン性のある有害物質も含まれます。

アルコールの代謝物でもあり、二日酔いの原因になる物質です。

 

 

これが、DNAや赤血球などに付着して、様々な体の組織に運ばれ体に悪影響を及ぼします。

 

 

 

カンジダになりやすい人

  • 甘いものが好きな人
  • お酒が好きな人
  • 便秘になりがち
  • 妊婦
  • ピルやホルモン剤抗生物質ステロイドの長期服用など行っている人
  • ストレスが多く運動をしない人
  • 糖尿病や自己免疫疾患など疾患を患っている人

 

 

 

カンジダ症の症状

食後のおなかの張り、 ガスっぽさ、 疲労感、 下痢、 便秘、 消化不良、 過敏性腸炎、 逆流性食道炎、 ニキビ、 鼻炎、 中耳炎、 湿疹、 蕁麻疹、 痒み、 水虫、 ふけ、 いんきんたむし、 関節炎、 筋肉痛、 しびれ、 低血糖、 肝機能低下、 無気力、 うつ症状、不妊、 頭痛、 食欲亢進、 食後の眠気、 甘いものがやめられない、 口臭、 体臭、 動悸、 吐き気、 ふるえ、 冷や汗、脱力・・・など

 

 

様々な症状が挙げられます。

 

 

 

カンジダは湿気のあるところを好んだり、

乳酸が増え過ぎても増殖しやすいので、生活習慣もですが、食べ物にもとても影響されやすいと思います。

好んで食べていたものが、カンジダ増殖の原因となっていることがあります。

 

 

 

では次回は、カンジダの栄養療法やトリートメントなどをお伝えします。

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

昆布は生活習慣病の予防にも

昆布のおはなし

 

昆布には多量に含まれる独特の粘り、

【アルギン酸】と、【フコイダン】は、コレステロール中性脂肪をたまりにくくし、動脈硬化を予防して血管力を高めてくれます。

 

腸内環境を整えて、便秘を改善したり、免疫力を高めるさぽーともしてくれます。

 

 

さらに、豊富に含まれる【カロテン】や【フコキサンチン】という色素は、老化の原因医なる活性酸素の害からまもってくれます。

 

 

 

また、ビタミンやミネラルもたっぷりで、皮膚や粘膜を丈夫にするビタミンA疲労回復やエネルギー代謝を回すのに働くビタミンB1,B2、骨や歯を丈夫にするカルシウムやマグネシウム、塩分を体から出して血圧を安定させるカリウム甲状腺ホルモンの原料になり、発育を促進し、基礎代謝を高めるヨウ素も豊富です。

甲状腺トラブルでお薬を服用中のかたは、摂取時には注意しましょう)

 

 

 

昆布のうまみは減塩やダイエットにもつながる

 

昆布のうま味成分はグルタミン酸で、脳の働きをよくすることで知られています。しかし、このグルタミン酸の働きはそればかりではありません。

 

うま味があると、『美味しい』と感じる塩分濃度が低くなり、自然に減塩ができます。

 

 

また、グルタミン酸のセンサーは舌ばかりではなく、胃にもあり、胃腸の働きをよくして胃粘膜を保護し、胃もたれを防ぐこととともに、過食も抑えてくれます。

 

 

調理に少し手間のかかる昆布ですが、昆布を水につけて戻すだけで出汁がとれたり、出がらしを煮物を作るときに鍋の底に敷くのがお勧めだそうです。

その味が付いた昆布をフライにすると美味しいそうです。

 

 

出汁をとった昆布は、冷凍庫で保存もできるそうです!

お手軽に顆粒出汁もよいですが、昆布からの出汁もおすすめです。

 

 

f:id:Holistickkoubou:20230814105505j:image

アミノ酸はからだの枠組み作り

 

 
 
アミノ酸とは。

 

 

アミノ酸はタンパク質を分解した最終単位の物です。

脂質と並んで、からだを構成する成分です。

そして糖質が足りないときに、糖の代わりにエネルギーの材料にもなります。

 

 

 

アミノ酸は・・・・

筋肉や血管、胃、心臓、肺などの臓器を作る材料であり、柔軟性をつくるものでもあります。また、軟骨やコラーゲンの元になります。

 

そして酵素やホルモン、免疫体を作る材料にもなります。

 

 

f:id:Holistickkoubou:20230905105759j:image

 

 

 

 

アミノ酸の材料がはいってきてもちゃんと使えるからだ?

慢性炎症のようななにかしらからだに炎症がある人は、エネルギー代謝が低いと考えられます。

その状態で、タンパク質をいれても、アミノ酸にまで分解しないと身体では使うことができません。

 

アミノ酸まで分解するのに、とてもエネルギーが必要になります。

 

 

こんな感じです。⇧

なので代謝が低く、症状があるひとはタンパク質を摂ってもちゃんと体で使われているのかどうか、とうことを考えなくちゃいけませんね。

 

 

元気じゃない人は、これだけの工程をこなすエネルギーは相当なものです。

 

 

 

 

病気や何かしら炎症、症状のある人、ストレスが大の人は、

コルチゾールがでています💦ストレス対応ホルモンです。

 

コルチゾールは、からっだのあちこちからタンパク質や脂肪をひき部いて、分解してしまいます。それで痩せていくのです。。

 

 

それだけエネルギーが必要だーよー!

という緊急状態なのですね。

 

 

糖質のほかにもエネルギーが必要ということです。

 

 

 

 

 

 

ストレスを受けやすい人、ストレスと感じやすい人は、日々たくさんのタンパク質がからだから削がれていることにもなりますね。

 

そんな方は、意識して使われてやすいアミノ酸を摂取する必要があります。

 

 

プロリン

グリシン

リジン、

タウリン

 

などは大切なアミノ酸ですよ。

 

 

そして、これらのアミノ酸の生合成は肝臓で行われますので、肝機能がとっても大切なってきます。

脂質の代謝はも、肝臓と胆のうが大切になってきます

 

 

 

 

生体反応に必要な酵素を支えているのもアミノ酸

 

生体反応に必要な酵素は、すべてアミノ酸が材料として作られています!

アミノ酸が日々入ってこなければ、酵素がつくられずに生体反応・・・

消化や代謝などが円滑におこなわれなくなり、不調がでやすくなりますね。

 

 

ミネラルの運び役のミネラルタンパクも、アミノ酸がなければつくられません。

 

さきほども書きましたが、

このタンパク質をつくる場所は、肝臓です!

肝増はほんとうに大切な臓器なのですよ

 

 

ならんで腎臓も大切ですよ!

肝腎要なんです!

 

 

 

肝臓を元気にしてあげるのも、アミノ酸は必要です。

そして、糖質+ビタミン+ミネラル ですね。

 

 

 

 

 

どのくらいタンパク質は必要?

1日代謝が1600KCAL以下の女性は、

1日50~60gを摂るのが目安だそうです。

 

どれくらい、何をたべたら50gくらいとれるの??

 

www.morinaga.co.jp

森永さんのHPで見つけました。

卵に換算すると…

 

 

1日7~8個に相当するそうです!!

 

 

結構食べなきゃ!いけませんね。

 

でもそれくらい、タンパク質は必要なんですね。

特に・・・

 

 

慢性炎症・・・がある方、なにかしら不調なかたは、からだを直そうと免疫体を作りこむわけなので、材料であるタンパク質が必要になってきます。

 

病院での血液検査でも、タンパク質がすくないかどうかわかりますよ。

 

 

症状のある方は、普通にタンパク質をバクバク食べても、エネルギーが必要で、

結構からだに負担がかかります。

 

そんな時は、体にあったアミノ酸のサポート食品なども利用してみてほしいです。

 

 

 

3大栄養素はほんとうに、大切ですよ!

からだに必要な栄養素

私たちが、食べたり、寝たり、歩いたり、走ったり、

話したり、運動したり、仕事したり、遊んだり・・・

 

色々と活動するうえで、必要なエネルギー。

これは、どうやって作られますか?

 

 

 

もちろん。ご飯や食べ物からです。

特に糖質からつくられます。

 

 

でも糖質は例えば、お米だったら、まず、

デンプンという大きな塊をもっと小さい、ブドウ糖にしなくてはいけません

 

 

車に例えると、

原油からガソリンへ精製する過程と似ています。

 

ご飯を食べたら、わたしたちの体の中で、

ブドウ糖にまで分解して、やっと利用できます!

 

 

 

さらに、そこから、私たちの身体を動かすATPというエネルギーに変化させるには、

亜鉛、セレン、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB6といったビタミンB群も必要になります。

 

 

しかし、ストレスの多い方、脂を含む食事が多い方などは、

このビタミンB群や亜鉛、セレンが不足気味で、変化されないブドウ糖が余っている状態の方も多いはず。

 

 

円滑にエネルギーに変えられない方が現代には、多いと言われています。

 

 

低体温、

疲労感が抜けない、

朝からだるい、

やる気がない、

ストレスが多い、

風邪をひきやすい、

むくむ、

食欲がない、

頭痛、

うつ症状、

顔色が悪い、

月経不順など

あるかたは、ビタミンB群、亜鉛、セレンのサポートをいれてあげるとよいです。

 

 



そして体を作る材料のタンパク質も大切です!!

皮膚や、粘膜、臓器などを日々作り替えるための材料になります。

 

タンパク質はアミノ酸の単位まで分解されて使われますが、

からだの枠組みをを作る材料となったいりホルモンや免疫体を作るもとにもなる大切な栄養素です。

 

 

更には、からだを円滑に動くためにサポートしてくれるミネラルや脂質なども必要な栄養素となります。

 

 

どれが欠けても体の不調は生じてしまいます。

 

 

特に減りやすいのが、からだで合成できないミネラル、

そして消費が激しいビタミンもです。

 

 

 

症状があるときはサポート食品を使って回復していきましょう☆

 

 

 

気血水からだのバランスチェック ができます!    

      今のからだの状態をチェックしてみましょう。

かんたんバランスチェックです。

①~⑥のうち、どこにチェックが多くつくか数えてみましょう。

  • 気血水おからだバランスチェック
  • ①が多かった方 気虚傾向
    • ②が多かった方 気滞傾向
    • ③と④が多かった方 血虚、お血傾向
    • ⑤が多かった方 陰虚(水不足)、腎虚傾向
    • ⑥が多かった方 水毒(痰湿)傾向

 

中医学や漢方で からだのバランスの見方の指標として、気血水という考え方があります。こちらを使って現在のお身体のバランスを見ていきましょう!

holistickkoubou.hatenablog.com

 

 

 

気血水おからだバランスチェック

 

▢疲れやすく体がだるい

▢日中眠い、食後に眠い
▢朝起きづらく、午前中がだるい
▢食が細い、食欲不振
▢人に気を遣う
▢舌のふちに歯型がつく
▢冷えやすい
▢気力がわかない

 

▢イライラしやすい
▢PMSが辛い
▢鬱っぽい
▢おなかが張る
▢便通が不安定、便秘、下痢
▢食事にむらがある
▢のどの詰まり感が続く
▢げっぷやおならがよくでる

 

 



▢筋肉のつりがある
▢動悸や息切れがする
▢目のかすみ、疲れ、乾きがある
▢爪が割れやすい
▢月経が遅れがち、または量が少ない
▢めまい
▢抜け毛が多い
▢眠りが浅い、夢をよく見る

 

 


▢目の下にクマがある
▢頭痛がある、肩こりもある
▢血糖が高め
▢子宮のトラブルがある
▢月経にレバー状塊がある
▢血管年齢に自信がない(タバコがある)
▢冷えのぼせがある
▢体のどこかが痛む(腰痛、関節痛など)

 

 


▢手足がほてる
▢夕方から微熱または、火照る
▢舌が紅く、ひび割れている
▢のぼせ、火照りがある
▢寝汗をかく、汗をかきやすい
▢慢性疲労がある、ストレスも多い
▢口や目、喉、唇が渇きやすい
▢38歳以上である
▢痩せていて、脂肪分が少ない

 

 

 


▢むくみやすい、手足、顔
コレステロールが高い
▢身体がおもだるい
▢体脂肪が多め
▢油ものや甘いものが大好き
▢胃がムカムカする
▢舌がはれぼったい
▢吐き気がある
▢舌苔が多く厚め

 

 

どこの▢チェックの数が多い?

一番多いチェックの数のページを見てくださいね。

同数の番号はどの記事も見てみてくださいね。

 

 

 

続きを読む